シェアハウスに住む際のメリット

シェアハウスとは、簡単に言うと賃貸住宅にかわりないのですが、普通の賃貸と大きく違うところは、自分の個室以外の場所は共同で使用するというものです。主にリビング、トイレ、お風呂、キッチンを共同で使う場合が多いです。選ぶ物件によってデザインや内装などのコンセプトは異なります。友人同士で直接物件を契約して住むルームシェアとは異なり、その物件を管理しているオーナーがおり、その間に業者を介して居住者の募集などを行っていることが多いです。基本的に共用部分の清掃などは運営会社側が行うことが多いので居住者は自分の個室のみの掃除を行えばよく、管理も楽です。困ったことがあったときは運営会社によるアフターフォロー体制も万全に整っているため、安心して住める賃貸とも言えます。

楽しい時間を共有できる空間で過ごす

共有スペースは居住者同士が交流出来るラウンジなどがあります。大型スクリーンを準備したシアタールームがあったり、フィットネス機器を置いてあったりする物件もあります。物件によってテーマが異なるので、同じ趣味のある方達が集まる所に入居すれば、交流するのも楽しくなります。新しい出会いや居住者同士との交流を大切にしたい方には楽しい毎日を過ごすことが出来ます。居住者同士の交流をはかるため、日にちによってはパーティーなどを開くこともあるため、みんなでワイワイ楽しみたいと思う方にはピッタリです。また、居住者はお互いのプライベートに介入しすぎないことが暗黙の了解のため、必ずしも合同で開かれるパーティーなどに参加しないといけないわけではないので、気軽に楽しむことが出来ます。

設備だけじゃなくメリットがたくさん

前述したように、きちんとした住むための設備や、独り暮らしではなかなか購入することのない大型スクリーンやフィットネス機器など、物件によって様々準備されているのにも関わらず、その家賃は普通の独り暮しの賃貸物件に比べてはるかに安いです。初期費用や毎月の家賃を抑えてリーズナブルな価格で住めるところも大きな魅力のひとつです。住んでいる人は外国人や日本人など国籍も様々でグローバルに生活したい方にもおすすめです。居住者同士の交流を含めてお互いの国の言語を教えあったりするのも楽しいでしょう。自分が今まで経験してこなかった様々な国の話を聞けたり、可能性は無限大に広がっています。シェアハウスに住むことによって楽しく、安く、また趣味の交流を深めて出会いの可能性も広がりますので、是非とも一度試してみてはいかがでしょうか。